旅行の質問箱

●このコーナーは旅行に関するご質問にもとしゅんや皆さんがお答えするコーナーです。
●ご投稿いただいたご質問に、皆様も是非お答えください。もとしゅんも知っていることには限界があります。皆様にも情報をご投稿いただき、ご質問者の方をお助けくださいませ。
●「オススメの場所」や「オススメのホテル」等、オススメ系のご質問は、旅の情報交換所にお願いいたします。→説明
●もとしゅんもすべてのご質問にお答えすることはできませんが、できるだけガンバります。
旧掲示板のバックナンバーも是非見てくださいね。
●この掲示板の使い方がわからない方は、『掲示板の使い方』をご覧下さい。
●ご投稿内容は当サイト内の他のページで紹介させていただく場合があります。投稿者は同意されたものとします。
●携帯電話からもご利用可能です。ご案内はこちら


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
6 / 1048 ツリー ←次へ | 前へ→

【3494】アメリカ入国報告 るるぶ 12/9/16(日) 22:57

【3731】Re:アメリカ入国報告 もあ 15/6/27(土) 23:04

【3731】Re:アメリカ入国報告
←back ↑menu ↑top forward→
 もあ  - 15/6/27(土) 23:04 -

引用なし
パスワード
   少し前の書き込みですが、事情に詳しい方のようなので
下記について教えて頂きたく思います。

▼誉さん:
>>・日本国民の犯罪者情報を包括的に米国に共有することは、憲法上、法律上できない。
>
>すみません。不勉強なので教えてください。憲法違反とはどの条を示すんでしょうか?
>
>”日本憲法第十三条  すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福
>追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の
>国政の上で、最大の尊重を必要とする。”
>これのことでしょうか?
>
>「公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。」
>犯罪歴を持つ人間に社会罰的に制限を与えるのは、公共の福祉には反しないと思いますが。
>それに日本国憲法は、日本人のアメリカ入国審査にはなんらの効力もありません。
>内政干渉になりますからね。

■情報提供は国際法に基づき実施だと思いますが、国際法締結時に考慮されているのではないでしょうか?
PCSCも、個人特定の場合は対象となる指紋が限定されるようです。

>>・日米は裏で協定を結んでいて、、という方もいらっしゃいましたが、
>>だとすると、その情報を以て入国拒否される事案が頻発し、すぐにそれが表面化し、国家が提訴されるような大きな問題になっているはず。
>
>In fact, over the past years more than a dozen agreements to share information about criminals have been signed with our Visa Waiver Program
>(VWP) partners.
>securitydebrief.com/2010/07/07/international-criminal-information-sharing/
>こういうことも行っている様です。

■上記は日本が最後になっていた協定=PCSCについてなのでしょうか。

ESTA承認の時点で照会できないデータベースが、空港の端末からならアクセスできるというのは、考えられない。
>
>API(事前旅客情報)システム
>(Advance Passenger Information System)
>政府と航空会社が協力し、出発(空)港において搭乗した旅客の身分事項(氏名、
>生年月日、性別等)に関する電子情報を、航空機等の目的国到着前に、到着(空)港
>の税関・入管担当部署等に送付するシステム。
>
>情報を受理した担当部署は、この電子情報に基づいて、国内法上問題のある人物の
>有無を事前に(航空機等到着前に)審査することができる。
>www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/apec/api.html

■ESTAでパスポートナンバー、生年月日を使用しますが、それでは十分な事前判断は難しいということでしょうか。


以上、よろしくお願い致します。

6 / 1048 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
555,732
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free